Polanna



POLANNA / ポランナ  ~“POLAND+ANNA”ポーランドの魂を歌う~

憂愁の歌姫アンナ・マリア・ヨペックがおくるポーランド音楽への新たな視座。ポーランド音楽をルネサンスから現代まで、古典的な伝統と現代ジャズへの系譜を見つめ直す。
共 演したのは、キューバが生んだ天才ピアニストのゴンザーロ・ルバルカバ、ポーランド民族音楽の優れた演奏家マリア・ポミャノフスカ、チェロの名手ラファ ウ・クフィアトコフスキ。そして、ゲストにスタニスワフ・ソイカを迎える。 音楽のアレンジはグラミー賞受賞歴もあるギル・ゴールドスタイン氏とクシシュトフ・ヘルジン氏が行った。レコーディングが行なわれたのはポーランドのグダ ニスク放送局。マスタリングはニューヨークMRSスタジオにて、グラミー賞エンジニアのジョー・ファーラ氏とパット・メセニー・グループのスティーヴ・ロ ドビー氏が手がけている。

※アルバム『POLANNA/ポランナ』は、コレクターズBOX『LUSTRA/ルストラ』の中に含まれています。

Track lists:

Polanna:
1. Kiedy Ranne Wstają Zorze
2. Uciekaj, Uciekaj
3. Laura i Filon
4. Rdzawe Liście
5. Przychodź Miły, Dzień Już Biały
6. Dziś Do Ciebie Przyjść Nie Mogę / Czerwone Maki Na Monte Cassino
7. Uwoż Mamo
8. Z Tęsknoty. Kujawiak.
9. Poznałem Dziewczyna.
10. Suwany
11. Modlitwa Kiedy Dziatki Spać Idą (Już Się Zmierzcha)
12. Oj Lulaj, Lulaj
13. Płonie Ognisko i Szumią Knieje

Band:
Paweł Dobrowolski: drums
Gil Goldstein: accordion
Krzysztof Herdzin: duduk, voice
Anna Maria Jopek: voice, "bańka" Robert Kubiszyn: double bass, bass Rafał Kwiatkowski: cello Robert Murakowski: fluegelhorn, trumpet
Marek Napiórkowski: guitars, national resophonic
Pedro Nazaruk: voice, cytra, fluet, dulcimer
Maria Pomianowska: suka biłgorajska, fidel płocka, sarangi
Gonzalo Rubalcaba: piano
Wiesław Wysocki: clarinet, bass clarinet, sopran sax
special quest: Staszek Soyka - voice in "Laura i Filon"


(c) ANNA MARIA JOPEK MUSIC