Sobremesa



アンナ・マリア・ヨペックの第二の故郷となったリスボンからのストーリー。ポルトガル、アンゴラ、ブラジル、カーボベルデ諸島などポルトガル語文化圏からの珠玉の曲集。言葉と言葉が紡ぎ未曾有のエネルギーが脈打ち、その一方で漂うサウタージ。
このアルバムに参加したのは、ファドの王子カマネ、カーボベルデ諸島にルーツをもつカリスマシンガーのサラ・タヴァレスとティト・パリス、ポルトガル伝説の歌手パウロ・デ・カルバーリョ、アンゴラ出身の気鋭の音楽家ヤミ、ブラジル屈指の作曲家イヴァン・リンス。
アルバムには、アンナ・マリアがポルトガル語で(時にクリオーロ語やキンブンド語でも)歌った曲や、ティト・パリスとの人気デュエット曲 “Tylko Tak Mogło Być”なども収録されている。レコーディングは、このプロジェクトのために結成されたマルチカルチャーバンドと共にリスボンにて行われた。マスタリング はマイケル・フランクスの音響監督を務めるスコット・ペティート氏によって、ニューヨーク・ウッドストックのNRSスタジオで行われた。2011年11月 アンナ・マリアとバンドメンバーは、コンサート「ソブレメサ・ツアー」(14公演)を、およそ1万人の聴衆の前で行った。

※アルバム『SOBREMESA/ソブレメサ』は、コレクターズBOX『LUSTRA/ルストラ』の中に含まれています。

Track list:
Sobremesa:
1. Rua Dos Remedios 2. Tylko Tak Mogło Być
3. Mae Negra
4. Lizbona, Moja Miłość
5. Kananga Do Amor
6. Noce Nad Rzeką
7. Ye Yo
8. Cabo Da Roca
9. Naanahanae
10. Smuga Smutku
11. Sodade
12. Spójrz, Przeminęło
13. Lizbona, Rio i Havana

Band:
Joao Balao: cavaquinho, percusion, xalimba
Anna Maria Jopek: voices, chorus
Ernesto Leite: piano
Marito Marques: drums
Ruca Rebordao: percusion, berimbao
Tiago Santos: guitar Yami: voice, bass, chorus, guitar in Ye Yo

Appeares also:
Ze Antonio: cavaquinho in Ye Yo
Nelson Canoa: piano w Ye Yo
Ivo Costa: piano in Ye Yo
Krzysztof Herdzin: fluet in Smuga Smutku
Robert Majewski: fluegelhorn in Noce Nad Rzeką
Henryk Miśkiewicz: clarinet in Tylko Tak Mogło Być, sopran saxophone in Rua Dos Remedios
Marco Oliveira: guitar in Spójrz, Przeminęło
Paulo Paz: double bass in Noce Nad Rzeką
Victor Zamora: piano in Kananga Do Amor i Sodade

Special quest:
Sara Tavares: voice in Lizbona, Moja Miłość
Beto Betuk: voice in Cabo Da Roca
Camane: voice in Noce Nad Rzeką
Paulo de Carvalho: voice in "Mae Negra", whistle solo in Lizbona, Moja Miłość
Luis Guerreiro: Portugese guitar in Spójrz, Przeminęło
Ivan Lins: voice in Smuga Smutku
Tito Paris: voice in Tylko Tak Mogło Być
Yami: voice in Kananga Do Amor, Sodade and Ye Yo


(c) ANNA MARIA JOPEK MUSIC